肩こりや腰の痛みから回復する簡単な方法2

前回はスワイショウの2つの基本の動きを紹介しました。

今回は応用編として、ツボ、筋肉、リンパ節を直接刺激する3つの運動を紹介します。。

 

1.3番目の方法 体を回しながら手のツボを肩にあてる

2番目の方法と同じく、背骨を軸にして体を左右に回します。

その際に、回した方向とは反対の手の親指と人差し指の根元の間のへこんでいる箇所を、

ねじった側の肩の付け根の上側にある骨の少し出っ張っている部分に軽くぶつけます。

同時に反対側の手を、背中に回し、親指と人差し指の根元の間のへこんでいる個所を、

腰のあたりに軽くぶつけます。

その後体を反対方向に回し、同じ動きを繰り返します。

 

片方の手の親指と人差し指の根元の間のへこんでいる箇所は、

合谷(ごうこく)」と言われるツボです。

この動きにより合谷を刺激することができます。

合谷は万能のツボとも呼ばれており、刺激すると上半身の血行の改善が期待できます。

また背中に回した手は、背中の「腎兪」と呼ばれる腎臓のツボも刺激し

ます。

ここは腰痛を軽減し、腎臓の働きを活性化させ、

体全体のだるさにも効果的なツボと言われています。

2.4番目の方法 体を回しながら脇下リンパ節と肩のツボを刺激する

同じく背骨を軸にして回します。

その際に回した方向とは反対の手の人差し指の側面を、

回した側のわきの下、肩甲骨の側面との境目あたりに軽くぶつけます。

同時に反対側の腕の肘を曲げて上にあげながら、

人差し指の先を上方から首と背骨の間に軽くぶつけます。

わきの下には、リンパ管が合流して、大きな節となっている「脇下リンパ節」があります。

ここが詰まると肩や背中のコリの原因となります。

ここを刺激することにより、リンパ管のつまりを解消できます。

 

首と背中と間は「大椎(だいつい)」と言われるツボです。

首や肩のコリのほかに、疲れやすさや、倦怠感、食欲不振、風邪の初期段階などにも

有効と言われています。

3.5番目の方法 合谷を僧帽筋や脇下リンパ節に当てる

体は回さずまわさず、腕の動きだけです。

片方の手の合谷を、前から首の付け根に軽くぶつけます。

同時に反対側の手の合谷を、脇の下に軽くぶつけます。

一旦両腕を伸ばし開いて、手を入れ替えて続けます。

これは凝りやすい首と肩のつなぎ目にある僧帽筋脇下リンパ節を刺激します。

肩こりに効果が感じられます。

これらの運動は、勢いつけてリズミカルに反復して行います。

直接ツボや筋肉を刺激し、コリを解消することが出来ます。

朝晩のルーティーンワークとして、デスクワークの合間に

短い時間でも行うことにより効果が感じられます。

是非試してみてください。

肩こりや腰の痛みから回復する簡単な方法前のページ

内臓を活性化させる簡単な方法次のページ

関連記事

  1. 自分史

    食養生の考え方6 100回噛む

    私が学んだ食養生について9回に分けてお話しています今回はどのように…

  2. 自分史

    朝晩5分で簡単にできるアンチエイジング チベット体操2

    前回は、チベット体操の概要や始めた経緯等をお話ししました。今回は、…

  3. 自分史

    食養生の考え方1 心の重要性

    前回の記事で言及した通り、4月10日に食事療法士協会主催の食養生コ…

  4. 自分史

    出会いから人生のテーマを知る

    人生のテーマを知るための4つの質問前回は魂の成長のために必要な人生…

  5. 自分史

    朝晩5分で簡単にできるアンチエイジング チベット体操1

    朝起きてから、または寝る前に行っていることはありますか。顔を洗った…

  6. 中村天風

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践①~両者を学び始めたきっかけ~

     中村天風先生はご存じですか。テレビなどでの経営者へのインタビュー番組…

おすすめ記事

  1. 制作中
  2. 学習コーチングを開始
  3. オンライン音楽イベントに出店‼
  4. 瞑想で現在位置を確認‼
  5. ストレス解消‼には瞑想をしよう
  6. 食養生の考え方9 一つだけ覚えるとしたら身土不二
  7. 食養生の考え方8 2つの非常識な食べ方‼
  8. 食養生の考え方7 摂るなら自然塩‼
  9. 食養生の考え方6 100回噛む
  10. 食養生の考え方5 命を摂る
  1. 自分史

    食養生の考え方4 水
  2. 中村天風

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践①~両者を学び始めたきっかけ~
  3. 自分史

    朝晩5分で簡単にできるアンチエイジング チベット体操2
  4. 自分史

    食養生の考え方3 空気を取りれる呼吸
  5. 中村天風

    瞑想を始める簡単な方法
PAGE TOP