「食養生」を知っていますか?

健康情報としての食

食べることは、生活のもっとも重要な要素の1つですよね。

グルメ、フードファイト等エンターテインメントとして捉えることもできますし、

健康を維持するための手段と捉えることもできます。

 

健康情報としては、こんな食品が良い、悪い、

新しいサプリ登場などマスコミ、ネットで次から次へ新しい情報がでてきます。

どれが正しい情報なのか、何を食べたらよいのか

を判断するのがとても難しい状況です。

 

「食養生」とは

その中で、私は、「食養生」の基本に沿った食べ方をしようと心がけています。

ここで言う「食養生」と言うのは、日本食事療法士協会が提唱する考え方です。

食事療法士協会HP

食養生コーディネーター講座|日本食事療法士協会 (shokuyo.jp)

では、次のように紹介しています。

「食べ物について学ぶだけではなく、

自分を知り、自然と調和し、身体に摂り入れる食物について知ること」

「継続的な実践と健康の維持に重点を置いた、

総合的な生活習慣改善プログラム」

「マクロビオティックと比較すると、

陰陽五行などの東洋思想がベースにある点や、

「玄米食」や「一物全体食」、「身土不二」を大切にする点など

共通しているものは多く考え方はとても近い。」

「マクロビオティックでは穀物菜食がクローズアップされているのに対して、

「心」の養生を最重要視し、

穀物菜食といった食事の内容に関することは後回しにしている。」

「お肉もしっかりと食べましょうという考え方」

 

「食養生」からの学び

私は、大学生のときにマクロビオティックを知り、

なるべく取り入れようとしてきました。

ただし、20年間駐在していた中国・香港では毎日のように中華料理を食べていました。

肉も適当に食べますし甘いものも好きです。

その意味ではストイックに玄米菜食を実践してきたとは言えません。

2011年に11年ぶりに帰国して、

日本でしか学べないことを探していたときに、

上記の日本食事療法士協会のことを知り、

食養生コーディネーターの講座を受けました。

 

「食養生の順番」(心・太陽・空気・水・食物の順に健康への影響力が強い)。

「ハレとケ」(お祝い事や宴会でのご馳走と日常の基本食を分けて考える)

等の教えを新鮮に感じ、また自分の日常の食生活への処し方として

とても合っていると思いました。

 

このように「食養生」について改めて考え、記事として書いているのは、

明日(4月6日)開催の食養生コーディネーター講座に、

1年半ぶりにボランティアスタッフとして参加するからです。

最新の情報を学んだうえで、今後紹介していきたいと思います。


あなたが、本来の自分、魂レベルでのありたい姿をみつけ、自分らしく生き、人生を活性化するため、当ブログと以下の2つのセッションでサポートします。
1.人生の青写真・目的を発見し、人生活性化計画の作成・スタートをサポートする12ステップライフコーチング
2.人生活性化の実行をサポートする目標達成コーチング

自分を受け入れセルフイメージを上げるには前のページ

食養生の考え方1 心の重要性次のページ

関連記事

  1. 自分史

    チャレンジから人生のテーマを知る

    人生のテーマを知るための4つの質問前々回から魂の成長のために必要な…

  2. 自分史

    食養生の考え方3 空気を取りれる呼吸

    空気の働き食養生の実践の続きについてお話しします。食養生と言い…

  3. 中村天風

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践①~両者を学び始めたきっかけ~

     中村天風先生はご存じですか。テレビなどでの経営者へのインタビュー番組…

  4. 自分史

    良い人間関係とは? めんどくさい? それとも寂しい?②

    人間関係の重要性に気づいてからのこの10数年  大…

  5. 自分史

    学習コーチングを開始

    某スクールで学習コーチングを始めました。学習コーチは、学習内容を教…

  6. 自分史

    自分を受け入れセルフイメージを上げるには

    前回まで過去の出来事や人間関係から、今生の魂の成長のための課題を…

おすすめ記事

  1. 制作中
  2. 学習コーチングを開始
  3. オンライン音楽イベントに出店‼
  4. 瞑想で現在位置を確認‼
  5. ストレス解消‼には瞑想をしよう
  6. 食養生の考え方9 一つだけ覚えるとしたら身土不二
  7. 食養生の考え方8 2つの非常識な食べ方‼
  8. 食養生の考え方7 摂るなら自然塩‼
  9. 食養生の考え方6 100回噛む
  10. 食養生の考え方5 命を摂る
  1. 自分史

    食養生の考え方4 水
  2. 自分史

    マインドフルネスに行動するとは
  3. 中村天風

    私達は、魂の成長のために生まれてきている
  4. その他

    制作中
  5. 自分史

    朝晩5分で簡単にできるアンチエイジング チベット体操2
PAGE TOP