食養生の考え方1 心の重要性

前回の記事で言及した通り、

4月10日に食事療法士協会主催の食養生コーディネーター養成講座に

ボランティアスタッフとして参加しました。

約1年半ぶりのスタッフ参加で、改めて学んだり、再認識したりしました。

今回から講座で学んだ食養生の基本について紹介していきます。

 

根幹の情報と枝葉の情報

まず、世の中にあふれている健康や食に関する情報を、

根幹の情報と枝葉の情報に分けて考えます。

例えば何を食べたらよい・悪いというのは枝葉の情報です。

 

枝葉の情報の見極めの基準は何でしょうか。

それは、情報の通りにするにはお金がかかるか否かです。

多くの健康情報は、商品販売を目的とするものです。

 

そう言われて見れば、ネットでもテレビでも健康情報の多くは商品販売に繋がるものです。

何かが体に良いと紹介されると、スーパーで売り切れになったりします。

 

氾濫する健康情報に翻弄されないで、本当に大切な根幹の情報から順に選び出すためには、

食と健康に関する9つの基礎知識が必要です。

 

それが心、太陽食、空気食、空気食、水食、命、咀嚼、塩、腹七分、身土不二です。

 

心の重要性

心が健康に最も影響力のある要素であり、食養生のベースです。

「病は気から」と言う言葉が習慣的に使われており、

ストレスが心身の病気を引き起こすともよく言われます。

 

東洋医学の立場からは、

心が健康に影響を及ぼす仕組みを

以下のように説明します。

人体の仕組みは大きく3種類に分けられます。

気の類 生命の活力として働く

経絡類 運行路として身体に気や血をめぐらす

形の類 身体の構造をなす

 

気の類は、原子構造の大部分を占める目に見えない空間です。

この中の「神」が心に該当します。

「神」は、心、肝、肺、脾、腎の五臓の中に収まっていて、

本能、精神、生理現象の根本に作用する生命の根源です。

 

少し難しいですが、

私は、ここでの「神」は、神仏ではなく、個々の人間の大元であり、

五臓も解剖学的な内臓だけではなく、

内臓と全身にめぐらされている経絡が結び付いた

体の働きを分類したものと理解しています。

 

また、病気(=気が病む状態)を作り出す原因として、

内因、外因、不内外因の3つがあるとされています。

内因とは内から生じる病因であり、過度の感情を指します。

外因とは、気候の変化により外部から発病する病因、

不内外因は飲食、過労、外傷等内因でも外因でもない病因です。

 

感情には七情(怒、喜、思、悲、憂、驚、恐)と

その中でも五臓に結び付きがある五志(怒、喜、思、憂、恐)があります。

心は喜、肝は怒、脾は思、肺は憂、腎は恐と密接な関係があるとされています。

これらの感情が長く続くと、五臓の中の「神」のバランスが崩れ、

気血の巡りが変調し、心身不安や熱症状などの様々な病状を引き起こします。

喜びも過ぎると心気が緩慢になり、

ぼんやりとして物忘れがひどくなり、動悸・不眠・心が落ち着きをなくす

といった症状がでるとされています。

 

怒り、恐れ、憂い等のネガティブ感情が体の不調の原因となるのは判りますが、

喜びというポジティブな感情も過ぎれば病気の原因となるという理論は興味深いです。

 

感謝第一

上記の感情の安定が「神」の安定にさらには健康に繋がります。

そして、安定のための有効手段が感謝の心を持つことです。

感謝とは内から外に発するポジティブな意識であり、

停滞した気血の活発化させる働きをします。

また、意識の中で感謝よりさらにポジティブに作用するのが、

褒める、勇気づけです。

まずは一番身近な自分自身に、

ひいては世界の全てに対し感謝と賞賛の念を持つことです。

 

感謝や自己受容を幸福になるための条件とする

アドラー心理学とも共通した理論だと思います。

 

食養生から見た実践方法は以下の通りです

1.食事に感謝を込めて「いただきます」と発声する

2.食後はお腹に両手を当て、消化してくれている内臓に感謝の気持ちを込めて

「ありがとう」と発声する

3.普段から自己受容する

 

1,2は意識することにより簡単にできる行動です。

健康のためにもぜひ実践してみてください。


あなたが、本来の自分、魂レベルでのありたい姿をみつけ、自分らしく生き、人生を活性化するため、当ブログと以下の2つのセッションでサポートします。
1.人生の青写真・目的を発見し、人生活性化計画の作成・スタートをサポートする12ステップライフコーチング
2.人生活性化の実行をサポートする目標達成コーチング

「食養生」を知っていますか?前のページ

食養生の考え方2 太陽次のページ

関連記事

  1. 自分史

    良い人間関係とは? めんどくさい? それとも寂しい?①

    踏み込まず踏み込ませなかった学生時代 人間関係についてあなたはどう…

  2. 自分史

    親子関係からうかがえる人生のテーマ

    魂の成長のための人生のテーマを知る4つの質問魂の成長のために必要な…

  3. 自分史

    食養生の考え方4 水

    水はエネルギーの素食養生の実践の続きについてお話しします。食養…

  4. 自分史

    食養生の考え方3 空気を取りれる呼吸

    空気の働き食養生の実践の続きについてお話しします。食養生と言い…

  5. 自分史

    肩こりや腰の痛みから回復する簡単な方法

    リモートワークでPCを前に仕事をしていると肩が凝ったり腰が痛くなったり…

  6. 自分史

    マインドフルネスに行動するとは

    昨日毎月1回開催されているマインドフル瞑想会に参加しました。ストレ…

おすすめ記事

  1. 制作中
  2. 学習コーチングを開始
  3. オンライン音楽イベントに出店‼
  4. 瞑想で現在位置を確認‼
  5. ストレス解消‼には瞑想をしよう
  6. 食養生の考え方9 一つだけ覚えるとしたら身土不二
  7. 食養生の考え方8 2つの非常識な食べ方‼
  8. 食養生の考え方7 摂るなら自然塩‼
  9. 食養生の考え方6 100回噛む
  10. 食養生の考え方5 命を摂る
  1. 自分史

    出来事は、青写真、引き寄せ、貢献で構成されている①
  2. 自分史

    良い人間関係とは? めんどくさい? それとも寂しい?①
  3. コーチング

    ようやく断捨離ができた
  4. コーチング

    オンライン音楽イベントに出店‼
  5. 自分史

    朝晩5分で簡単にできるアンチエイジング チベット体操2
PAGE TOP