食養生の考え方3 空気を取りれる呼吸

空気の働き

食養生の実践の続きについてお話しします。

食養生と言いますと、何をどのように食べるのか、飲食についての方法と考えがちですが、

心身の健康のためには、それよりも大事な要素があります。

前々回は心、前回は太陽について紹介しましたが、今回は空気についてです。

空気中には酸素があり、私たちは呼吸により酸素を取り入れ代謝することにより生命を保っています。

空気には酸素を提供する以外にどんな働きがあるのでしょうか。

 

東洋医学の「気」も原材料は空気であり、

成長、代謝、風邪の予防などの生命維持や活力の源として重要視されています。

 

また、空気の78%を占める窒素については、

一般的には呼吸により一旦肺に入っても体に取り入れられないと理解されています。

しかしながら、窒素はアミノ酸や蛋白質の形成に不可欠な物質であり、

微量ながら体内に取り入れられ、体の形成に役立っているとの学説もあるとのこと。

何年も断食したり、青汁しか飲まなかったりしても健康な生活を送っている人々は、

呼吸から取り入れる窒素により、身体の働きを維持しているのかもしれません。

 

また自律神経を整える働きもあります。

心臓の鼓動、体温調節など一般的には自分ではコントロールできない自律神経の働きの中で、

呼吸だけが意識的にコントロールできます。

呼吸は意識と無意識とをつなげる行為であり、

意識的に行うことで自律神経の調整が可能になります。

例えば感情の高ぶりなどにより心臓の鼓動が早くなった場合には、

意識的にゆっくりと深呼吸することにより、鼓動をゆっくりとさせたり、

感情を平静な状態にさせることができます。

 

呼吸の重要性

このように身体活動を維持するためにも、

神経をコントロールするためにも呼吸は重要です。

意識的な呼吸法としては、腹式呼吸はじめ様々な呼吸法があります。

私自身は、口から空気を取り入れる中村天風先生が創建した心身統一法の

活力(プラヤマナ)吸収法、呼吸操練、中国気功の六字訣を毎朝しています。

 

まずは、できれば毎朝一度は太陽に顔を向けながら深呼吸をする、

腹式呼吸を一日一度は意識的におこなう、

部屋の中にいる場合には可能な限り喚起をして新鮮な空気を吸うことが

健康の重要な要素となります。

 

次回は「水」についてです。


あなたが、本来の自分、魂レベルでのありたい姿をみつけ、自分らしく生き、人生を活性化するため、当ブログと以下の2つのセッションでサポートします。
1.人生の青写真・目的を発見し、人生活性化計画の作成・スタートをサポートする12ステップライフコーチング
2.人生活性化の実行をサポートする目標達成コーチング

食養生の考え方2 太陽前のページ

食養生の考え方4 水次のページ

関連記事

  1. 自分史

    内臓を活性化させる簡単な方法

    中国の古くからの健康法というと、気功が挙げられます。中国では気功や…

  2. 自分史

    ストレス解消‼には瞑想をしよう

    マインドフルネス今、マインドフルネスについて目にする機会が増えてい…

  3. 中村天風

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践② ~両者を合わせた実践方法とは~

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践②~両者を合わせた実践方法と…

  4. 自分史

    食養生の考え方2 太陽

    食養生の実践の続きについてお話しします。食養生と言いますと、何をど…

  5. 自分史

    出来事は、青写真、引き寄せ、貢献で構成されている②

    多くの出来事は引き寄せで発生している魂の成長のため大きな出来事を設…

  6. 自分史

    食養生の考え方4 水

    水はエネルギーの素食養生の実践の続きについてお話しします。食養…

おすすめ記事

  1. 制作中
  2. 学習コーチングを開始
  3. オンライン音楽イベントに出店‼
  4. 瞑想で現在位置を確認‼
  5. ストレス解消‼には瞑想をしよう
  6. 食養生の考え方9 一つだけ覚えるとしたら身土不二
  7. 食養生の考え方8 2つの非常識な食べ方‼
  8. 食養生の考え方7 摂るなら自然塩‼
  9. 食養生の考え方6 100回噛む
  10. 食養生の考え方5 命を摂る
  1. 中村天風

    心身統一道とアドラー心理学の融合と実践①~両者を学び始めたきっかけ~
  2. 自分史

    食養生の考え方1 心の重要性
  3. 自分史

    内臓を活性化させる簡単な方法
  4. 人生の仕組み

    出来事は、青写真、引き寄せ、貢献で構成されている③
  5. 自分史

    肩こりや腰の痛みから回復する簡単な方法2
PAGE TOP